のような瞳、赤いフレームのメガネ、無造作にまとめたセミロングの髪、ほの白い肌、薄めの化粧、

小柄で華奢な体型、身体のラインを隠すカーディガンとスカート、どこかおびえたような笑顔

それが、初めて出会った由美だった。
これは社会人1年目だった頃の、私の話。

由美は、別の会社から一か月間だけの業務パートナーとして派遣されてたきた。

彼女がいつも地味な格好をしていたのは「仕事だから」というのが表向きの理由で、本当の理由は、いちいち口説かれるのが面倒だから。

しかし、彼女の美しさは、その程度の小細工では、とうてい隠しきれないものだった。

「お疲れ様です。最近よく見かけますね?」

持ち込みのラップパソコンを熱心に操る彼女に、私がはじめて声をかける。

ライバルが現れないうちに、早い段階で声をかけたかった。

「あ、お疲れ様です。最近、○○会社から派遣されてきたんですよ。一ヶ月ほどお世話になります。 よろしくお願いします。」

彼女は、誰も知らない場所に、一人だけで働いていたので、声をかけられたのが嬉しかったのかもしれない。
思っていた以上に愛想のいい返事が返ってきた。

その後、社内で見かけるたびに声をかえ、時間があえば一緒にお昼ご飯もとるようになった。
私達はすぐに意気投合し、旅行や映画の話がいつも盛り上がった。

由美が2歳年上だということ、長く付き合っている彼氏がいること、その彼とは遠距離恋愛だということを知ったのはちょうどその頃のこと。

「ねえ、今日仕事帰りに飲みに行こうよ。有楽町に美味しいお店あるんだ。」

いくら隠しているとはいえ、これだけ綺麗な女性を他の男がほっとくわけがない。誘われるのは慣れているはず。
私は、軽いジャブのつもりだった。

「ほんと、いいよ。行こう。行こう。」

「え、まじ?」

断られる前提で誘ったので、思いがけない返事に、おおいにとまどった。
そもそも、有楽町に美味しい店なんか知らない。

とはいえ、せっかくOKしてくれたのだ。私は急いでぐるなびを調べた。
仕事中? 構うもんか。

有楽町から銀座方面に歩いたところに、イタリアンの店をみつけた。
この店は他の場所で知っていたので安心だ。

この日は、パスタ、サラダ、マリネと一緒に白ワインを2人で1本空ける。
下心はあったが、その日は平日。しかも、銀座周辺にはラブホがない。おとなしく帰った。

その日を境に、私と由美は急速に親しくなる。

次は小さな和風居酒屋。その次は好み焼き。毎週のように、何度も何度も飲みに行った。

さらに深い関係になるまで、それほど時間がかからなかった。
一ヶ月後には、休日も二人だけで会うようになり、最後はきまってラブホテル。

ベッドの上での由美も、魅力的だった。というより、由美の本性が現れた。

年上ということを差し引いても、とにかく上手かったのだ。

それまであまり意識していなかったのだか、遠距離で付き合っているという彼氏の存在に 初めて嫉妬を覚えるようになった。

その頃の私は、経験した人数だけはそこそこあったものの、今思えば、赤面する ようなセックスをしていた。
乳首を吸って、クリトリスをいじって、犬や猫のように適当に腰を振って、 射精をしたらそれでお終い・・

それが、当時の私のセックス。本当に、恥ずかしい限り。

ただし、自覚だけはあった。
友達どもが言う「女性をイカせた」ことが、自分は一度もなかったから、少なくともセックスが上手いとは決して思っていなかった。

もちろん、「イキそう」「イッちゃう」という言葉を、女性がセックス中に言うのはよく聞く。

しかし、それが演技であることがぐらい、私にだってわかる。
この頃の私は、女性が「イク」なんて、ある意味都市伝説ではないかと思っていたぐらいだ。

話を戻そう。

セックスに自信がなかった私は、何度目かのホテルで、彼女に言った。

「俺、あんまり上手くないでしょ。ごめんね」

わざわざ言う必要のないセリフ。 しかし、つい口からでてしまった。

由美はは美しいだけでなく、セックスも上手い、いわゆる床上手な女性。
その彼女が、心の中で、私のセックスを笑っているのではないかと、ずっと不安で仕方なかったのだ。

その時の彼女の答えは今でも忘れられない。

「あのね、エッチは二人でするんだよ」

決して私が乱暴なセックスをしていたわけではない。
むしろ逆だ。彼女が気持ちよくなることを最優先に考えていた。

しかし、これが大間違いだった。

男性は、女性が気持ち良くなることに大きな喜びを感じる。
当たり前だが、それは女性も同じこと。
女性も、男性が気持ち良くなることが、とても嬉しいのだ。

この当たり前の理解が、私のセックスにはスッポリと抜け落ちていた。
それを、由美は教えてくれた。

由美はそれからも私に、どうすれば女性が喜ぶかを教えてくれた。
由美との出会いで、私がいかに下手くそなセックスをしていたのかが、ようやく理解できたのだ。

私は、その日を境に、セックスについて真剣に学ぶようになる。
幸い、私はセックスの相手に困ることもなかったので、色々な方法を試し、女性の反応をみてきた。

そして現在・・

由美と出会ってから数年。私は、私は100人以上の女性とセックスをしてきました。
一晩だけの関係、短い期間のセフレ・・・。 関係も、年齢も異なる女性達。

今では、セックスする女性のほとんどを、太モモがプルプル痙攣し、終わったら腰が抜けて立てなくなるまで イカせることができるようになりました。

 

もちろん、毎回必ずオーガズムまで導くことができるわけではありません。
女性は体調によっても感じ方が変わってしまうからです。
しかし、毎回イカせることはできなくても(それでもかなりの確率でイカせますが)、毎回女性を満足させる自信はあります。

経験と理論とハートで女性を満足させる。
それが、私の「ハートフルセックス」です。

由美との出会いから、現在にいたるまで、私が100人以上の女性をイカせてきたハートフルセックスについて、さらに詳しくお伝えします。

ホームページ
2005年「モテるためのWEBサイト」開設 現在、1日2000人以上のアクセスを誇る恋愛テクニックサイト。

メールマガジン
まぐまぐより「モテる男のスマートマナー」を配信中。読者数約4500名
2007年に「殿堂入りメールマガジン」に認定。
「まぐまぐ大賞2007」の恋愛・結婚部門にノミネート

自主配信「最強恋愛テクニック」読者数約8500名
男を骨抜きにするバカモテ恋愛テクニック 読者数約1500名

プロフィール
19歳ぐらいまで、まったくモテない、普通の男性だったが、もちまえの研究心、試行錯誤の 結果、それ以降100人以上の女性とセックスし、30人以上の彼女、またはセフレを手に入れる。
基本の恋愛スタイルは、女性を大切にすること。
可愛くて、賢い女性が好みで、見境なく口説くことはしない。
一時は、9人以上のセフレがいる時期もあったが、現在は本命彼女プラス2~3人。

上で紹介した由美との出来事は、細部を多少変えてありますが、実際の話です。

私は、「セックスは女性を気持ち良くさせることが全て」だと勘違いしていました。
もちろん、それも大切です。
それすらもできていない男性もいることでしょう。
しかし、本当に二人とも気持ちいいセックスでは、自分も気持ちよくなること、そしてそれを女性に伝えることが、もっと 大切だったのです。

これは、私の場合の間違いです。

こんな間違いは、他にもたくさんあります。

例えば、あなたは、

  • ピストン運動だけで女性をイカせようとしていませんか?
  • 男性が演技をする必要はないと思っていませんか?
  • どこかで習ったようなソフトタッチが全てだと思っていませんか?
  • 一度挿入したペニスは抜いてはいけないと思っていませんか?
  • 通常のセックスの延長にオーガズムがあると思っていませんか?
  • 焦らすのは触らないことだけだと思っていませんか?

これらは、一見正しいように見えます。事実、どれもセックスの基本として、いたるところで紹介されているものです。
しかし、あくまでも基本です。そればかりでは、セックスにバリエーションがありません。

なぜ、これだけではイカせまくることができないのか?

事実、どれもセックスの基本として、いたるところで紹介されているものです。
しかし、あくまでも基本です。そればかりでは、セックスにバリエーションがありません。

まずは、これらがなぜ間違っているのか、ご説明します。

一度挿入したペニスは抜いてはいけないと思っていませんか?

「一度挿入したペニスを抜いてはいけない」
確かにに常識として知られていることです

なぜこれが間違っているのか不思議に思われるかもしれません。

一度挿入したペニスを抜くと、女性の快感がそこでブッツリと切れてしまいます。
ですから、体位を変えるときでも、ペニスを抜いてはいけないというのは間違っていません。

しかし、どうでしょう。あなたは、ペニスを愛撫の手段として使ったことがあるでしょうか。
女性を愛撫するとき、通常、舌と指を使いますが、さらにペニスも使うということです。

膣内をかき回すときには、指を挿入します。それがペニスであっても構いません。
ペニスを使った3点攻めなど、抜いたり入れたりしながら愛撫するテクニックはとても大切です


愛撫や挿入時にやたらと強弱をつけていませんか?

これも、強弱をつけること自体は悪くありません。
それによって、多彩な刺激を与えることも可能になります。
しかし、「イカせる」という場合に限っては、強弱をつけることで、女性の集中を妨げることになります。
あなたがオナニーをしていて、まさに射精する瞬間に強弱をつけますか?
それが答えです。


男性は声を出す必要がないと思っていませんか?

あなたは、彼女が満足しているかどうか気になって仕方がないと思います。
しかし、ここで気がつく必要があります。 あなたと同じように、彼女も、あなたが満足しているかどうか気になって仕方ないのです。
あなたは、自分が気持ちいいときに、それを伝えようとしていますか?
感じているときは、あえぎ声を出していますか?
たったこれだけのことが、彼女に安心と興奮をもたらします。


ピストン運動だけで女性をイカせようとしていませんか?

この図は、女性と男性の性的興奮の高まり方と時間の関係をグラフにしたものです。 グラフの頂点はオーガズムを表しています。

こうしてグラフにしてみると、なぜセックスに満足できない女性が沢山いるのかを、簡単に理解できます。

この通りにセックスが進行してしまえば、男性が射精をしたときには、女性はまだまだ物足りない状態です。

しかし、ほとんどの男性は、この男女の興奮の違いを理解していないために、イカせるタイミングを間違えています。

これは典型的な、自己満足のセックスです。

女性をイカせるためには、この興奮度の高まり方を理解したうえで、タイミングを調整する必要があるのです。



どうでしょう。
これは多数の男性が、セックスでよく間違えることの、ほんの一例です。
あなたは、セックスでこんな間違いをしていなかったでしょうか。

一つでも当てはまることがあったら、次のような悩みをもっているのではないでしょうか?

  • イカせることができない
  • 潮吹きができない
  • 感じているのか痛がっているのかわからない
  • いつもワンパターンのセックスになっている
  • 愛撫の強さがわからない
  • 体位をスムーズに変えられない
  • 感じる愛撫の方法を知らない
  • ベッドの中で何を期待されているかわからない


こんな悩みを解決してもらうために。そして大切な女性と、最高のセックスを楽しんでもらうために、私は一冊のセックスマニュアルを魂をこめて書き上げました。

それが、ここで紹介する「ハートフル・セックス マスターガイド」です。

「ハートフル・セックスマスターガイド」では、あなたがまだ到達していない、セックスの奥の奥にあるテクニックを 無数に紹介しています。
そして、これらは、女性がベッドの中で密かに期待していることです。

ここで、その一部をご紹介いたします。


イカせるための3つの鉄則

や・・・・

だめぇ・・・・いっちゃいそう・・・
ほんとイッちゃ・・・・

あっ、あっ、いっちゃう、いっちゃう・・・

あぁん・・ いくぅ!!

この瞬間は男性にとって本当に嬉しい瞬間ですよね。 あなたは女性をちゃんとイカせあげていますか?

男性向けの週刊誌を読むと、「若い女性はなかなかオーガズムを感じることができない」などとよく書かれています。

男性にとって、勇気付けられる内容です。
しかし、本当にそうでしょうか

私は、太モモがプルプル痙攣し、終わったら腰が抜けて立てなくなるまでイカせることができます。

別に、18歳だろうが、32歳だろうが、関係なく痙攣してイキまくります。

女性はオーガズムに近づくにと足がプルプル震えだし、背中あたりがジットリと汗をかきはじめます。

あえぎ声も、最初は鼻でフンフン言っているだけだったのが、しだいに声は大きくなり、最後の方はさるぐつわしてやろうかと思うほど大きな声で叫びだすことも少なくありません。

抱きついて、肩のあたりを噛んで離さなくなる女性もいました。

もし、こういった雑誌の話を鵜呑みにして、女性がイカなくてもまあ仕方ないと思っていたら、大きな勘違いです。 おそらく、あなたのテクニックに大きな問題があるのかもせれません。

太ももがビクビクと痙攣し、腰が抜けててしまうほどイカせるための、3つの鉄則を紹介しています。

イカせるサブミッション

女性は、オーガズムを迎える直前に、不安や恐怖感をもちます。
そして、無意識にイクことへの抵抗を持ち、女性は体を逃がそうとしてしまうのです。
イカせる追い込み態勢では、これを逃がしてはいけません。
しっかりと女性の体を固定し、イクことへの恐怖を取り除く必要があるのです。

マニュアル内では、イク瞬間に女性が逃げないよう体を固定するテクニックを「イカせるサブミッション」 として紹介しています。

自分から大きく股を開き始めるサンチェのオリジナル調教プレイ

サンチェがSっ気を出しながら女性を愛撫する時のオリジナルテクニックです。

この手順でクリトリスを愛撫すると、「恥ずかしい」と「気持ちいい」が繰り返されて、 ほとんどの女性が、自分からすすんでM字開脚を維持し、もっと触って欲しいと哀願しはじめます

このテクニックは、犬を調教するように、無言で分からせるのがコツです

イキまくり、潮吹きまくりの時間帯「ゴールデンタイム」について

先ほども少し説明しましたが、セックス中のある瞬間に、女性が精神的に安心し、快感を素直に 受け止める時間帯が存在します。それが、「ゴールデンタイム」です。

この時間帯はまさに、イキまくり、潮吹きまくりです。 全身を痙攣させながら、何度も何度もイク姿を見ると、男としての征服欲が完璧に満足します

なぜこの時間帯が存在するのか、それはいつなのか、そのとき何をすればいいのか

それらを具体的に教えます。

前戯でイカせ、挿入中にイカせ、射精直後にもイカせる最強のセックスとは

一回のセックスで何度も頂点に達するマルチオーガズムを得る女性は多くいます。 まさに、イキまくりになる女性です。

とはいっても、何の知識もなければ、何度もイカせることはできません。
それにはタイミングとコツが必要なのです。
それをマスターしたとき、はじめて「最強のセックス」が実現できます。

基本的なセックスの流れを知る

セックスの経験が少ない男性向けに、ベッドに入る前から、服を脱いでベッドに入り、お互いに愛撫をしてから、挿入、終わった後まで、 よくある基本的なパターンをお伝えします。

もちろん、セックスは自由ですので、この通りに進行するものではありません。
しかし、これは慣れた男女の暗黙の了解のようなもので、この流れから大きく外れることもありません。
セックスの経験が無い、または少ない方は、このマニュアルを読み終わった時に、沢山の不安が消えているはずです。

2連続で潮吹きをさせてベッドをビショビショにする方法

女性が潮を吹く瞬間ってみたことありますか?
ほとんどの女性が、凄い恥ずかしそうにしながら、それでも自分から腰を動かして、

「ちょっ・・、だめ、出ちゃう出ちゃう、あっあっあっ」

なんて言います。 そして、刺激を与え続けている自分の手に、なんか生温い液体が当るなと思うや、ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、と液体を飛ばします。

これが潮吹きです。
潮吹きをさせること自体はそれほど難しくなく、単なる生理現象なので、コツをつかめば、驚くほど簡単です。

私の経験上、だいたい7割の女性が、多かれ少なかれ潮吹きをします。

恥ずかしそうにうつむく彼女。 シーツには、世界地図のようなシミ。

潮吹きをした後の、いつもの光景です。

しかし、これで終わりではありません。 潮吹きは、一回目より、二回目の方が強烈です。

女性は一回目の潮吹きで自分が何をされたのかを理解しているので、二回目の潮吹きでは、 非常にそそられる反応をします。

「もうだめぇぇ、あっ、あっ、お願い、もうやめ、また出ちゃう、あっあっあっ・・・・ぴゅー」

こんな、絶叫に近いあえぎ声を出しながら潮吹きをさせるコツを徹底的に解説します

[超興奮]●●を愛撫する

ここを愛撫する男性はほとんどいないと聞きます。

しかし、●●は刺激に対して非常に敏感にできているため、柔らかい舌の感触や、口内の暖かさがダイレクトに伝わり、不思議なエロスと興奮を感じます。

ツボにはまった女性は、自分から●●をあなたの口に持ってくるようになります。

ソフトタッチとハードタッチの使い分け

ソフトタッチは愛撫の基本中の基本です。マニュアル内でも、何度も解説をしています。 しかし、それだけではワンパターン。
状況に応じて、やや強めに愛撫する必要もあります。

そこで、快感ボルテージが一気に高まるハードタッチの力加減について、詳しく説明します。

もちろん、これだけではありません・・・

  • ソフトタッチでくすぐったがるときはどうすればいいか
  • 「遺伝子が命令する」セックスが気持ちいい秘密
  • 女性に笑われない、ごく一般的なセックス進行の知識
  • 女性がセックスの前にお風呂に入らなくてはいけない理由
  • セックスを始める前にさりげなく準備しておくものとは
  • 縛り、目隠し、ローションで何度もイカせるには
  • タブーを持ち込まないセックス
  • 男性がしないと盛り上がらないセックスの演技とは
  • あえぎ声がとまらないほど気持ちいいポイントを探るには
  • セックスで女性が最も嫌がる感覚とは
  • 女性をしっぽり濡れさせるエロい雰囲気の作り方
  • ベッドの中で絶対やってはいけないこととは
  • 濡れさせるヒントは愛撫よりも●●
  • 感覚的なキスの仕方とは
  • スマートなブラジャーのはずし方と、外れないときの対応
  • 精神的に深い意味合いを持つお尻はどう攻める?
  • 焦らしのテクニックは、●●●●せることで効果倍増
  • ピンポイント乳首愛撫
  • 快感増幅の秘儀3点攻めのフォーム図解
  • クリトリスをむき出しにする指のフォーム
  • クリトリスの根本を刺激するには
  • クリトリスの頂点をピンポイントで刺激すると・・
  • マンネリを打破するソフトSMの秘訣
  • バリエーションで攻めまくる5種類のピストン運動
  • ペニスを抜かず快感維持の体位移行を図解
  • セックスの9割はこの体位
  • 正常位、側位、騎乗位、変形騎乗位、座位、、後背位、寝バック
  • 興奮しまくりになる非常識な挿入の仕方
  • 女性が心から期待している後戯の仕方
  • 射精後にしてあげると女性が喜ぶこととは?
  • オーガズムの基礎知識
  • イク恐怖を取り除くにはこの2つが大切
  • 「イッたとき」の女性の反応
  • 前戯でイカせ、挿入中にイカせ、射精直後にもイカせる最強のセックスとは


などなど。
これらは、全て「ハートフルセックスマスターガイド」の中で、解説しています。



ベッドの中で彼女が密かに期待していたことがわかります。

あなたとのセックスで彼女は本当に満足しているでしょうか。

本当はこうしてほしい、ここが気持ちいい、これはやめてほしいといった 期待があっても、あなたに気を使って言えないことがあるかもしれません。

このマニュアルでは、女性が本当は何を期待しているのかを理解することができます。

感じまくっている彼女の姿を見ることができます。

女性が本当に気持ちよくなっているときの表情は、とても美しいものです。

最高のセックステクニックを身につければ、頬を染めて、うっすらと汗をかき、潤んだ瞳で、あなたを見つめる彼女の表情を いつでも見ることができるようになります。

デートのお金が安く済みます

「どっか連れてって!!」
彼女のいる男性が共通して恐れる言葉ですよね。

映画はたいしたものやってないし、遊園地は面倒だし・・・

本当は、一日家でゴロゴロして、何度かセックスして終わらせたい日も多いのでは ないでしょうか。

毎回最高のセックスをしてくれるなら、彼女だってそれでも構わないはずです。
「今日はおうちでDVDでも見ようよ」
彼女からそう言ってくるなら、お金のかかるデートも最小限で済むようになります。

セックスの主導権をあなたが握ります。

いつも気持ちいいセックスをしてくれるなら、女性はいつでも受け入れる準備でいてくれます。

「今日もして欲しい」「早くして欲しい」とおねだりしてくるかもしれません。

しかし、主導権はあなたにあります。

あなたがしたいとき、あなたの都合がいいタイミングにセックスをすればいいのです。

気持いいセックスを与え続ける限り、女性はそれを断る理由がありません。

彼女が体であなたを尊敬します。

自分を最高に気持ちよくさせてくれる男性に、女性は逆らえません。
メスとしての本能が、あなたに従うのです。

ベッドの中での彼女は、お腹を見せて尻尾を振っている犬のように、あなたに従うようになります。

当然、パートナーを他の男に寝取られる心配も減ります。
男性と違って、女性は、自分を満足させてくれる人が一人いるだけで満足します。
女性が浮気をするときは、精神的な不満と、体の不満のどちらかがある場合が ほとんどです。

セックスで十分に満足させていれば、他の男とセックスしたいという気になることは ありません。

彼女の機嫌が良くなります

気持ちいいセックスは、高価なプレゼントや美味しい食事、美しい花束にも負けない、最高のプレゼントです。 もし、彼女の機嫌が悪いときは、最高のセックスで機嫌を取り戻すことができます。

もちろん、それ以前に、いつもセックスで満足させてあげていれば、彼女が機嫌を悪くすることもありません。

あなたと彼女の愛が深まります

これが最も大切なことであることは、あなた自身が理解されているかと思いますので、私からは何も言うことはありません。
最高のセックスは、間違いなく二人の絆を強くします。


セックスが上手くなるメリットはまだまだあります

  • 彼女が喜ぶツボを知ります
  • 彼女とのHがもっと気軽で楽しくなります
  • 彼女がベッドの中でして欲しくないことを分かります
  • 彼女があなたとのエッチにに飽きることがなくなります
  • 彼女が興奮しまくってアナタに女を求めてきます
  • あなたがベッドの中でするべきことがわかります
  • 彼女があなたに飽きることがなくなります
  • セックスにマンネリというものがなくなります


つまり、いつでも、2人とも、最高に興奮するセックスが手に入るのです





なぜ、セックステクニック を学ぶのか?

あなたは、いったい何歳になるまでセックスを続けますか?
もちろん、人の性欲はそれぞれなので、あなたのケースがどれぐらいなのかは 分からないと思います。

しかし、ご自身で思っている以上に、長いはずです。
ちなみに、80代前半男性の約4割は、いまだにセックスをしているという統計結果もあります。

少し変な言い方ですが、セックスは生涯楽しむ趣味のようなものです。
もしあなたも、いつまでもセックスを楽しみたいのであれば、早い段階で高いレベルの技術を身につけるべきではないでしょうか。

なぜ、サンチェのマニュアルなのか?

なぜなら、私は、十分な経験をもっているだけでなく、それを理論的かつわかりやすく解説できるから。
さらに言えば、女性を大切にするというスタンスを決して崩さないからです。

このことは、私のメールマガジンや、他の恋愛マニュアルをお読みになられている方なら、ご理解 いただけるのではないでしょうか。

私は女性を大切にしながらも、最高に満足させるセックスに絶対の自信があります。
そして、それを正しく、わかりやすく、あなたにお伝えする自信があります。

これが、私のセックスマニュアルを購入することをおすすめする理由です。

なぜ、こんなに高いのか?

なぜなら、その効果への自信です。

2007年に販売された「ビリーズブートキャンプ」は、14700円という高額な商品です。
しかし、その効果の高さから、沢山の人々に支持され、ダイエット業界に旋風を巻き起こしました。

この「ハートフルセックスマスターガイド」は、ジャンルこそ違えども、その効果の高さには 十分な自信を持っています。
ですから、あなたのセックス技術が上達することへの対価として、この金額をご請求しております。。

P.S

ご精読ありがとうございました。

ここまでお読み頂いたあなたは、自分のセックスに自信をもっていないのではないでしょうか。

あなたは他の男性がどんなセックスをしているか観たことがありますか?

セックスは密室で、二人だけで行います。
そのため、他の人のセックスを見る機会は、3Pでもしたことがない限り、普通は「ない」かと思います。
もちろん、AVは除外です。
あれは見せるための映像ですので、セックスの進行や体位、愛撫の仕方などは 全く参考になりません。

ということは、もしかしたらあなたのセックスは、あなたの一人よがりであるかもしれないのです。

他の人のセックスを見たことがなく、しかも、正しい知識を外部から取り入れないならば、あなたはバカげたセックスを 今後も繰り返してしまいます。

では、どうすれば彼女を満足させるテクニックを身につけることができるのか。
この方法は、たった二つだけです。

一つは、沢山の経験をもつこと。
私は、こちらでした。その分、沢山の失敗も重ねてきています。

もう一つは、沢山の経験をもった人に教わること。
経験豊富な人のテクニックと方法を学ぶことで、あなたは余計な失敗をする必要がなくなります。
そう、それが実現できるのが、この「ハートフルセックスマスターガイド」です。

この中で、私は、あなたと彼女を満足させる、最高のテクニックを惜しみなく紹介しています。
今日から彼女を満足させたいと思っているならば、あなたは、こちらを選ぶべきです。

サンチェ



5/10(水)まで期間割引


販売方式 ダウンロード版 冊子配達版
商品内容 A4版PDFファイル
本編158ページ
特典42ページ
A4版冊子
本編158ページ
お渡し方法 インフォトップマイページよりダウンロード お申し込みから5営業日以内に配達
価格 期間限定
9,700円
5,820円(税込)
期間限定
9,700円
5,820円+送料1,500円(税込)


「セックスは二人でするものなんだよ」

由美がこういった後も、私達はその関係を続けました。

そしていつの間にか私は、本気で彼女が好きになっていました。

・・・・・・・・・・・・

半年後、由美からメールが届きました。

件名「結婚しました」・・・・

このいきさつは、マニュアル内でお伝えしています。